産業機械・機器

再生可能エネルギーとして、また地球温暖化対策の一つとして有効活用が期待されるバイオガスを筆頭に、様々なガスを貯蔵するガスホルダーの設計・施工・据付工事を行っています。

キルン

高水準ガスホルダーの設計・施工・据付・保全までを行う責任施工

 当社はバイオガス・消化ガス等のメタンガスや、水素・酸素・窒素・炭酸ガス等を貯蔵する乾式ガスホルダー、有水式ガスホルダーを設計から製作・据付工事までを行います。
 近年、家庭生ゴミをメタン発酵させて生成するバイオガスや、家畜排泄物から回収する消化ガス等のメタンガスを新しいエネルギーとして利用する計画が各地で検討されていますがそのような発酵設備に欠かせないのが回収されるメタンガスを貯蔵するガスホルダーです。しかし、ガスを貯蔵するだけのホルダーでは意味がありません。ガスを安定的に燃焼させるには、常に一定の圧力が必要です。当社の乾式ガスホルダーは、常に新しいガスを受け入れながら一方で、一定の圧力のガスを安定的に燃焼設備へ供給する事ができます。

高水準ガスホルダーの設計・施工・据付・保全までを行う責任施工

 このような環境設備の需要拡大を受け、当社はガスホルダー事業を主体とする東京営業所を新たに設置し、事業体制を強化いたしました。バイオガス発酵設備や家畜排泄物から消化ガスを回収する設備等の設置のご計画がありましたら、是非ともガスの貯蔵に当社の乾式ガスホルダーをご採用下さい。ご一報下されば技術者がお伺いしご相談にお答えすると共に、小型のもの、大型のもの何でもご要望に応じて設計いたします。

有水式ガスホルダーの歴史は古く、明治後期より建設されています。その後、球形ガスタンクが生まれ、昭和30年代にイギリスから技術導入されたのが乾式ガスホルダーです。 有水式と球形は都市ガスが主となっておりますが、現在は液化天然ガスの貯蔵が多くなったため、球形による高圧貯蔵か、低温でガスを液化して貯蔵する金属二重殻等のガスタンクに変わりつつあります。乾式は、屎尿処理場・汚水処理場・メタンガスの貯蔵に多く使用されています。

有水式ガスホルダー 乾式ガスホルダー
ガスの組成を選ばない ガスの組成に芳番族(ベンゼン・トルエン・キシレン等)の多く含まれたガスは不可
大型100,000㎥でも建設可能 100,000㎥までが建設の世界
基礎に大きな荷重がかかり基礎に費用がかかる タンク自体が軽く基礎に費用がかからない
水に溶けるガスには不向き 水を使用しないので水溶性ガスもOK
ガス体は100%水分飽和になりバーナー等が短命になる可能性がある ガスはドライとなる
雨が降ると水封水があふれガスを含んだ水が外に出る可能性がある 水が外部に漏れる事はない
メンテナンスフリー メンテナンスフリー
ガスを抜きすぎるとバキュームとなり屋根がつぶれる ガスを抜きすぎるとシールゴムがストッパーとなりバキューム防止となる
乾湿を繰り返すため錆を生じやすく外面は汚れる 外面は錆びにくく美しく保てる
補修が必要となった場合、大変である 補修が簡単にできる
点検はガス体側等の施工は大変であり水抜きの必要がある。 点検はガス体側からも簡単にできる